英語ジョブ.com

英語を独学でマスターして世界を飛び回る仕事を手に入れた管理人がグローバルな仕事の見つけ方を教えます ※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

アメリカ カリフォルニア シリコンバレー 海外出張 海外出張ブログ

サンノゼ出張②:会議と会食

投稿日:2019年6月28日 更新日:

前日は分厚い肉もおごってもらってエナジーチャージし、今日はいよいよ提携先との会議です。

正直、向こうは私の存在すらまだほとんど知らないので、自己紹介するところからです。

会議室には私の会社5人+提携会社12〜13人。提携会社はアメリ人よりもイタリア人、インド人、ドイツ人、カナダ人といった外国人の方が多く、とてもインターナショナルで個人的に好感が持てました(1つの国の出身者しかいない会社より考えが偏らないので仕事がしやすい)。

プレゼンは前回も書いた通り配属されて一週間の私が全て一人で進めますが、笑いも取りつつ滞りなく進めることができ、いい感じの第一印象を与えられたのではないかと思います。

数時間の会議が終わると、提携先の巨大な設備を見せてもらいました。何の設備かは伏せますが、この設備の責任者がドイツ人だったんですね。

彼はアメリカ人とほとんど変わらない流暢な英語を話していましたが、名前、見た目(身のこなしや雰囲気)、そしてそこはかとな〜いドイツ語訛りですぐにドイツ人と分かりました。日本人同士がすぐにお互いに日本人だと分かるのと同じです。

まあ、夜の会食では彼にタジタジになってしまうわけなんですが、それは後ほど・・・。

この日の会議は想定よりずっと早く進み、夕方の4時過ぎには終わってしまったので、夕食までは提携会社のカフェテリアでお茶をすることに。

このカフェテリアが昨日もちらっと書いたようにとってもおしゃれで素敵で、食べ物や飲み物もいろんな種類のものが置いてあります。

私の会社の社食もそこそこおしゃれなカフェテリアがありますが、隣の芝はやっぱり青いですよねw

提携会社のカフェテリアではこんな飲み物をいただきました。

和風(?!)ブラッディーメアリー。入っているのはセロリではなくネギです(笑)。他の素材も全て日本のものを使用。

日本でもこんなものは飲めないのでとても新鮮でした。

夜は提携会社の招待で会食。イタリアンのお店になりました。海外の企業と提携する時は、招待した側が会食に招待するのが割と通例です。こんな時問題になるのが宗教上・体質上の理由で食べれないものがある人がいるかどうかの確認。日本人同士の会食では発生しない問題です。

イスラム教の人はブタなどがダメで「ハラール」準拠が好ましい、ヒンドゥー教の人は生物由来のものは全てダメといった戒律が宗教ごとに細かく定められています。また、アメリカ人は食に関して割とこだわりがある人が多く、グルテンフリーやヴィーガンメニューを普通に求めてきます。日本ではダシ汁レベルでヴィーガンな(動物性のものは材料にも一切使用しない)お店はほとんどないので毎回苦労します。詳しくはこちらの記事でも書いています。

話はそれましたが、今回の会食は向こうがホストなので完全に向こうのペース。飲み物の追加も聞いてくれません。自費でもいいからボトル1本くらいは飲ませてお願いw

でも、食べ物はとてもおいしかったです。私はラムの何かを食べました。

食事中は、先ほど上に書いた施設の責任者のドイツ人と向かい合わせに座ったのですが、この人がもう私の会社のことを根掘り葉掘り聞きまくるのなんのって。正直よう分からん部分まで延々と事細かに聞かれて、適当に返す部分は適当に返しましたがめちゃくちゃ疲れましたw

こっちも先方の会社について聞けばよかったのですが、長旅の疲れがまだ取れていなくて頭も働いていなかったので、完全に相手のペースに巻き込まれました。私としたことが・・・。しかも、私たちは端の席で、隣は英語ができない日本人に挟まれているのでそちらとの会話にシフトすることもできず、そのドイツ人と話すしかないというw

途中でさすがに疲れたので、強制的に話題を変えて以降はそのことを話していました。すでにかなり疲れていたので、何を話したのかはもう覚えていませんw

そのドイツ人とは今後あまり関わることはないので今後関わる人と話したかったんですが、席替えをする習慣もないので会食はそのまま終了。

***

こうして今回の出張は無事幕を閉じましたが、ミーティングでは私の存在を印象付けることもできたので、まずまずな結果だったと思います。

帰りはいつもどおりサンノゼ空港のラウンジでまったりしてから帰国しました。参加者5人のうち私も含む3人がANAの上級会員だったので、前日ぶ厚い肉をおごってもらったこともあり他の2人もラウンジに入れてあげました。出張が多いとこうして上級会員になることが多いですが、上級会員になると対象ラウンジに同行者1人まで無料で入れてあげることができます。(上級会員については姉妹ブログの記事参照)。

でも、ザンノゼのラウンジは、航空会社の上級会員だけでなく、プライオリティパスを持っている人も入れるんですね。プライオリティパスは私も持っていて、上級会員になっていない航空会社の便を使う時は重宝するんですが、上級会員向けのラウンジがプライオリティパスでも入れるとなるとなんだか微妙な気持ちですw(プライオリティパスについても姉妹ブログで記事にしています。年会費を払えば誰でもラウンジに入れて便利です。)

むか〜し、出張初心者の頃アメリカ中部に出張して同僚にラウンジに入れてもらったことがあったんですが、あれは同僚が上級会員だということだったんだな〜、と今になって思います。

出張が多いとラウンジは心のオアシスだよね。

今回はこれでおしまい!次回いつどこに出張するかはまだ決まっていませんが、プロジェクトが本格稼働し始めるので年内にはどこかに行くことになると思います。

▪️カナダ出張関連記事

-アメリカ, カリフォルニア, シリコンバレー, 海外出張, 海外出張ブログ

関連記事

no image

とんぼ返りトロント出張①久々の再会、そして重大な会議

はい、またまたトロント出張です!年末年始はいつも通り南の国に行っていたので、まだ南国気分が抜けないままに今度はさむーいカナダに飛ばされます。何の修行なのコレ。 でも、「またトロント」と言っても今回の出 …

no image

GWタヒチ旅行③親切なパペーテ市民たち

ボラボラのホテルをチェックアウトした後は、国際空港のあるタヒチ島に戻って首都パペーテで一泊します。 タヒチから日本に行く飛行機は朝とても早いので、パペーテ泊は必須です。休みが限られているサラリーマンに …

夏のトロント出張②映画「ピクセル」ロケ地を見てきた&夜通しクラブ

少し前に公開されたPixels(ピクセル)という映画をご存じでしょうか?アダム・サンドラーが主演、パックマンが悪役というハチャメチャコメディなんですが、これのロケは実はカナダのトロントで行われていたん …

初めての韓国出張:看板が読めずお店が見つからない・・・

日々海外出張ドタバタ劇を当サイトで展開している私ですが、このたび初めてアジアへの海外出張に行って参りました。 これまで、出張では北米とヨーロッパにしか行ったことがなかったので、アジアへの海外出張は初め …

アメリカで食べた不思議なブロッコリー料理特集

2020年の春は新型コロナウイルスの影響でどこも行けず家にこもりきりで気が滅入りますね。 私も、春に予定していたアメリカ出張がキャンセルになり、代わりに電話会議で済ませるという対応に追われました。 と …



英語ジョブ.comを運営しているエンドゥー左紗(ささ)と申します。仕事でもプライベートでも世界を飛び回っているキャリアウーマンです(自分で言っちゃう?!)。元々英語が苦手でしたが、独学で猛烈に勉強した結果TOEIC970点を取るまでに上達し、今ではネイティブとも対等にビジネスをしています。

当サイトでは、そんな私が英語を勉強する方法や世界を飛び回る仕事に就くためのコツを惜しみなくお伝えいたします。

より詳細なプロフィールはこちらをご覧ください。

なお、上の写真は海外出張中に現地の提携会社の仲間達と撮影した写真です。赤い服が私です。