英語ジョブ.com

英語を独学でマスターして世界を飛び回る仕事を手に入れた管理人がグローバルな仕事の見つけ方を教えます ※当サイトではアフィリエイト、アドセンス広告を使用しています。

英語転職ノウハウ

転職をするのに年齢は本当に関係あるのか?

投稿日:2018年11月19日 更新日:

転職をする時、35歳以上だと不利とか40歳以上だと不利だとか5年刻みで年齢が上がるごとに不利になるという噂がありますが、本当なのでしょうか?

最近は転職もずいぶん一般的になったので少し前とは変わりましたし、日本系企業かグローバル企業かでも勝手は違うので、グローバル企業の場合どうなのかを検証してみたいと思います。

 

年齢が上がると転職に不利だと言われる理由

まず、そもそも何故年齢が上がると転職に不利なのかを考えてみましょう。

年齢が上がると、一般的には若い人より経験を積んでいる分給料が上がりますよね。年功序列の色が強い日本ではその傾向は更に強まります。そうすると企業に取って雇うことがハードルになるのは当然のことと言えるでしょう。

次が頭の柔らかさ。日本では、若くて自分の会社に柔軟に適応しやすい人を強く好む傾向にあるので、他の会社で自分のやり方が出来上がってしまっている人は会社からすると使いづらいという印象があり、雇うのがおっくうになってしまうのです。

アメリカなどでは経験がある人は即戦力として頼られるので40代くらいで転職するのは普通ですが、日本は上述の理由で歳を重ねるとなかなか採用されにくくなる傾向があります。

ただ、これは「日本の企業の場合」。アメリカでは40代で転職をするのが普通ということは、日本であってもグローバル企業はどうでしょうか?

 

40代以上向け転職サイトも多いので必ずしも年齢は不利ではない

正直、私はあまり日本的な会社では働いたことがないので比較はできませんが、少なくとも私は年齢が転職には不利になるという印象を抱いたことはありません(私が40代になっていないので分からないのかもしれませんが)。

私の周りにも40代で転職してくる人や転職していく人はたくさんいるので「フツーのこと」ですし、実際最近は40代向けに特化した転職支援サービスもあります。

グローバル転職&40代以上でも使える転職サイトの例をいくつか見てみましょう。

 

ビズリーチの場合

ビズリーチは日本では恐らく初めての利用者から料金を徴収するタイプのハイクラス転職支援サービスです。

世の中に無料の転職支援サービスが山のようにあるのに有料って何やねん・・・って私も最初は意味が分からなかったのですが、この仕組み、実はかなりリーズナブルです。

というのも、無料サービス=採用する企業がお客様(お金を払う)ですが、有料サービス=あなたがお客様なのでエージェント側はあなたのことを最優先にしてくれるのです。

私は以前転職希望者のことを丁寧に扱わないエージェントに会ったことがあるのですが、それはひとえに無料サービスだったからなのかな・・・と今になって思います。無料サービスの場合、エージェントにお金をくれるのは転職希望者を採用する企業ですが、有料サービスの場合はあなたがお金を払う側なので、あなたが満足しなければ顧客満足度が下がり、サービスの評価が下がることになってしまいます。

このため、エージェントはあなたを最優先でサポートし、何としても企業に受からせるよう全力で努力するわけですね。

このモデルは実はアメリカではすでに広く採用されていて、転職の一般的な形になりつつあるようです。無料サービスとの違いはサイトには書いていないのですが、それだと有料サービスのメリットが伝わらないので書いたらいいのになと思います。

更にビズリーチは年収が高い(=年齢も高い)層を主要ターゲットにしていてハイクラス求人が非常に豊富なので、40代だからもう転職はできないなどと思わず一度覗いてみてはいかがでしょうか?40代以上も求められています。

いきなり有料サービスに申し込むのが心配な場合、まずは無料で登録することもできます。

 

JACリクルートメントの場合

グローバル企業への転職に強い転職支援サービスとして最大手なのがこのJACリクルートメントが運営する英語転職.comです。これまで約43万人以上を企業に転職させた実績がある国内最大級の転職支援サービスです。

年収800万円〜1200万円のハイクラス求人の数が非常に多いのが特徴で、これから英語を武器にステップアップしたい人には最高のパートナーになるでしょう。

転職希望者の年齢について特に具体的な言及はありませんが、マネージャークラスの案件が多いことを声高にうたっていることを考えると、40代以上でも使うことはできると思います。

JACリクルートメント(英語転職.com)は私自身も転職の時お世話になった会社で、日本の会社でありながらグローバル系の転職には本当に強いです。小さい人材紹介会社だとエージェントが外国人のことが多く面談などのやり取りも全て英語ですが、JACはほとんど日本人なのでもし英語にあまり自信がなくても安心です。こちらは無料ですが評判も良く優良なサービスですよ!

 

まずは自分の市場価値を測定してみよう

でも、ビズリーチもJACも転職支援サービスだから登録したらエージェントから連絡が来るんだよね?まだ心の準備ができてないなあ・・・という人は、とりあえず自分の市場価値だけでも計算してみませんか?

MIIDAS(ミイダス)というサイトなら、自分の経歴を選択肢で入力していくだけで簡単に自分の今の想定年収がすぐに計算できてとても楽しいです。想定年収というのはあなたに近い経歴の人に対して企業が出している求人の平均年収のことなので、ある程度適正な市場価格を見ることができます。

登録すれば更に業界ごとの平均年収や年齢分布などの転職データを閲覧できますし、企業とのつながりもSNSのような形でゆるく作ることができるので、転職活動をしなくても新感覚で楽しめるサイトになっています。

転職には年齢は必ずしも不利にはなりません。グローバル転職ならなおさら経験豊富な即戦力が求められるので、積極的に転職しましょう!

■その他の外資系・グローバル企業転職関連記事

 

■英語を使って転職したい人は必見のサイト

■海外出張関連記事

-英語転職ノウハウ

関連記事

no image

世界を飛び回る仕事にはどんな種類がある?英語は必須?

世界を飛び回る仕事の中でも、一般の会社員が今からでも目指しやすい仕事とは?英語力がなくても海外出張はできる?!どうやったら世界を飛び回る仕事ができるの?実際に世界を飛び回っている管理人が自分自身の経験からお伝えします。

no image

英文履歴書の書き方をサンプル付きで徹底解説

英文履歴書(レジュメ)の書き方は?スキルは何を書く?英語の履歴書を書く時のコツとサンプル付きで詳細にご説明します。

no image

グローバル企業の面接で言ってはならないこと

面接で言っていいこと、ダメなことはほぼどこの国でも共通していますが、グローバル企業だからこそ注意すべきこともあります。グローバル企業未経験の人がやりがちなミスをまとめてみたので参考にしてみてください。 …

no image

給与交渉のやり方とタイミング。金額はいくらまでならOK?

給与交渉はいくらくらいまでが相場?希望金額は面接時には言わない方がいい?!給与交渉のやり方は?転職での気になる年収アップの方法を、経験と数字に基づいて詳細にご紹介します。世の中の年収の相場の調べ方も!

英語を使う仕事50種類一覧:分野・難易度別に徹底的に分析

英語を使う国際的な仕事にはどんな種類がある?必要な英語力は?50種類の仕事の難易度、グローバル度などを5段階評価で徹底分析!全て管理人の実体験や知人の話に基づいたリアルな情報です。



英語ジョブ.comを運営しているエンドゥー左紗(ささ)と申します。仕事でもプライベートでも世界を飛び回っているキャリアウーマンです(自分で言っちゃう?!)。元々英語が苦手でしたが、独学で猛烈に勉強した結果TOEIC970点を取るまでに上達し、今ではネイティブとも対等にビジネスをしています。

当サイトでは、そんな私が英語を勉強する方法や世界を飛び回る仕事に就くためのコツを惜しみなくお伝えいたします。

より詳細なプロフィールはこちらをご覧ください。

なお、上の写真は海外出張中に現地の提携会社の仲間達と撮影した写真です。赤い服が私です。